【必読】絶壁・ハチ張り改善コースのご予約をする前に

あかとき庵の「絶壁・ハチ張り改善コース」をご予約する前にご理解いただきたい当院の方針について

このページはすでに絶壁・ハチ張り改善コースのページをお読みいただいた方のためのページです。
 
 
当院で全国区になっているメニューは「絶壁・ハチ張り改善コース」です。
 
今まで関西エリアにとどまらず、北は北海道、南は沖縄、さらには海外在住の方まで合計2,000人以上の方々がこのコースを受けにご来院いただきました。
 
多くの方々に喜んでいただいているコースではありますが、
「想像していた内容と違った・・・」
と中には感じる方もいらっしゃり、ご満足いただけない結果になることもありました。
 
そのような状況は患者さまにとっても私にとっても望ましくありません。
 
そこで、ご来院前の段階で当院の方針が
「あなたにとって本当に合っているのかどうか?」
それを確認していただくするために、別途こちらのページを作成いたしました。
 
お互いにとって、ご来院時にいい時間が過ごせるよう、ご予約が完了する前までに必ずお読みいただくようお願いいたします。

結果ではなく原因にフォーカス。長期的に頭の形をいい状態に保つ治療

当院では一時的に頭の形がよくなるのではなく、長期的に頭の形をよく保てるような治療とセルフケアの指導をしています。
 
なぜならば、治療を受けて頭の形がよくなったとしても、頭の形がわるくなる習慣が変わらなければ、すぐに頭の形がわるくなってしまうからです。

・頭の形がわるい→結果
・頭の形がわるくなる習慣→原因

なので、治療を受けて「結果」が変わったとしても、「原因」が変わらなければまた元どおりになってしまいます。
 
おそらくあなたは、
「半日だけ頭の形がよくなった」
というのはお望みでないと思います。
 
当院では治療やセルフケアの指導を通して、原因となる「頭の形がわるくなる習慣の改善」を重要視しています。
 
治療といえば、患者さんが受け身で治療をしてもらうという印象をお持ちの方が多いと思いますが、当院では患者さんと二人三脚で一緒になって頭の形を改善していくスタイルです。
 
ですから、自分では何もしないでただ治療を受けるだけで頭の形をよくしたいという方にはご満足いただく内容ではありません。
 
しかし、自分でも頭の形をよくできる術を身につけ、長期的に頭の形を良くしていきたいという方にはお力添えができると思っています。

当院では頭をマッサージしません

絶壁・ハチ張り専門ページに記載しているように、頭の形がわるくなる原因は慢性的な上半身の緊張が関係しています。
 
例えば頭の形で悩んでいる人は、

・後ろに人がいると気分が落ち着かない
・横に人がいると頭の形がどう見られているのか気になる
・写真を撮る時にそわそわしてしまう

など、日常的に頭の形を気にしているため、慢性的に上半身が緊張しています。
 
上半身が緊張すると首が詰り、頭部がうっ血してコリが生じて頭の形がわるくなります。
 
それは頭に熱がたまり足元は冷える「頭熱足寒」の状態になり、頭の形で悩んでいる人に多い
 
・目が疲れやすい
・髪が乾燥しやすく艶がない
・首や肩がしんどい
 
症状にも繋がってきます。
 
「免疫を高めて病気を治す最強辞典」の著者である福田稔医師は著書の中で
 
現代のあらゆる病気は、頭のうっ血に始まる「頭熱足寒」体調から起こります。
治癒力を発動させるポイントも、この頭熱足寒を健康な「頭寒足熱」体調に整えることです。

と書いており、それは頭の形がアンバランスになる原因にもなっていると私は数々の臨床経験の中から実感しています。
 
では、
「頭をマッサージしてほぐせば良くなるのでは?」

と思うかもしれませんが、それで良くなるのであればとっくに頭の形がよくなっているはずですよね?
 
であれば、全く違う発想のアプローチが必要になってきます。

視点を変えて、まずは全身に意識を向ける

当院では段階に応じて治療内容やセルフケアの指導で教える内容が違います。
 
つまり、治療内容や指導する内容が毎回ちがうということです。
 
初診時においては頭の検査は入念にしますが、頭への刺激はほとんど加えません。
 
なぜなら、頭を含めた上半身に意識が偏っているのが頭の形をわるくしている原因なので、頭への刺激は頭の形をわるくしている習慣を助長する行為だと考えているからです。
 
ですので、とくに初診時
 
・全身に意識を向けやすくなるよう、頭から離れている足元から治療をしたり
・上半身がリラックスできるような呼吸法
・緊張状態から脱出できるメンタルワーク
 
などを通常は行うことが多いです。
 
まずは上半身をリラックスさせて、全身に意識を向けることが頭の形を良くするスタートラインだと考えているからです。
 
もしあなたが、初診の時に頭部をマッサージしたり矯正する施術を期待しているのであれば、それは期待外れになりますので、ご予約をされるときは当院の方針を心にとどめておいてください。

2回目以降のステージ

患者さんが全身に意識を向けて、上半身をリラックスできるコツが身についてくると、頭に刺激を入れても上半身が緊張しにくくなってきます。
(刺激といっても強い刺激ではなくソフトです)
 
そういった理由から、2回目以降は回数を重ねていくのにしたがって、頭部に対してダイレクトに刺激を入れる頻度がじょじょに増えていきます。
 
それは治療においてもセルフケアの指導においても同様です。
 
治りますか?通院の回数は?
という質問をよくいただきます。
 
今まで書いてきたように、治るかどうかは私の技量だけで何とかなるものではありません。
 
頭の形がアンバランスになる習慣をあなた自身も見直し、セルフケアを実践していただく必要があります。
 
ですから、通院回数の目安は絶壁・ハチ張り改善コースのQ&Aにも書いてあるように、
 
人にもよりますが、最低でも3回の通院が 必要となることが多いです。
(平均の通院回数は4.5回)

ですが、厳密に表現すると、同じような悩みを持っている人でもそれぞれの生活環境や歩んでいる人生が違いますので、必要な通院回数も人によって変動します。
(絶壁・ハチ張りページ下部にあるQ&Aにはよくいただく質問についてお答えしているので、まだご覧になっていない場合はお読みください)
 
また、あなたが理想としている頭の形と改善可能なレベルが一致するとも限りません。
 
私の立場は、治療やセルフケアの指導を通して、あなたの頭の形が少しでも良くなるよう、あなたと一緒に伴走する専門家のように捉えていただければいいと思っています。
 
以上、少し長くなってしまいましたが、ご予約いただく前に知っておいていただきたい当院の方針について書いてきました。
 
あなたが当院の方針にご賛同いただけるようでしたら、お会いできる日を楽しみにしています。
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 
小松広明


絶壁・ハチ張り改善コースのページはこちら

追伸 マスクについて

当院では新型コロナへの対応として

・換気や消毒
・患者さまと対応時は施術者は常時マスク着用
・完全予約制で患者様同士がなるべく直接接触しないような時間調整


などをしておりますが、

絶壁・ハチ張り改善コースでは、患者さまがマスク着用のままですと、

・顔と頭とのバランス状態をみる検査ができない
(見た目の検査で視診といいます)

・顔の歪みやコリなどを調べる検査ができない


などの理由があるため、検査をする際はマスクを外していただく必要がございます。事前に何卒ご理解いただくようお願いします。
 

TOP
contact

あかとき庵

京都東山の整体治療院 あかとき庵 
〒605-0813 京都市東山区轆轤町86-8

075-708-6146
営業時間 9:30~17:30 木曜日定休